パチンコ&スロット店コンサルティング"オンリーワンパートナー"遊ブレイン日記
「数字に強い」天満晴久が筆頭!パチンコホール&スロットのコンサルティング会社”遊ブレイン”の社風や価値観を知ってもらうブログです。
遊ブレイン公式HPへ
売上粗利UPきっかけメルマガのご登録はこちら
プロフィール

遊ブレイン天満晴久

Author:遊ブレイン天満晴久
神戸大学経営学部卒。元船井総合研究所では約400名の同社全社のコンサルタントの中で 2年連続MVP、また最優秀リーダーとして表彰される。

現在は2社の店舗向けコンサルティング会社代表を務める。
遊ブレインにおいて、ホール店長経験者のメンバーと共に
ホール経営を研究している。

コンサルティングスタイルは総合的なアドバイスを
行うスタイルだが、
店舗営業における身近な数値を活かして具体的に客数・利益アップ
する方法を幅広く提案し、またその思考法を伝える。

過去百数十社を超えるホール企業に具体的アドバイスを行い9割以上はコンサルティング報酬額の数倍~数十倍の利益貢献をしてきた。(報酬額以上は100%)

全国にクライアントを抱え、毎月回っている。出身は名古屋。趣味は仕事と旅行。空手初段。




>>コンサルティングのお客様の声はこちら
>>遊ブレイン公式HPはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様が1~5人増える営業テクニック満載!遊ブレイン営業セミナー開催!
今日は来月開催の今年一発目の遊ブレインのセミナーについてご紹介したいと思います。


本セミナーは「業績を上げ続けられるホールの人づくり・社風づくり」をテーマとしています。


一見中長期テーマに見えてしまうかも知れませんが、すぐホールに戻って実践できることを


多数事例を交えてお話し致します。


http://www.yuu-brain.co.jp/semina/index.html(←セミナー紹介ページです)



お値段を18900円から創業以来最高の割引率でお一人様5250円とさせて頂きましたが、
(2月18日水曜日12時までお申し込みの特別割引価格)


今回の内容は当社創業から一番クライアント(お客様)ホール業績アップの価値を貢献してきたと


思われることで、かつ重要視してきた「ホール営業の7つの要素」をテーマにしましたので、


なるべく沢山の方に聞いてもらえたらという考え方で設定しました。


(7つの要素画像→http://www.yuu-brain.co.jp/consulting/gainennzu.jpg)


(HPにも創業直後位から載せております)


それではブログ読者様のご参加もお待ちしております!


開催要項:東京 2月25日水曜 JR八重洲徒歩5分会場
      大阪 2月20日金曜 JR新大阪徒歩3分会場
時間: 13:45~16:20
料金: お一人様初開催特別価格5250円(定価は18900円)
ご参加者様には詳しいご案内をお送りいたします。


-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○-○


ホール営業の7つの力とは何か?をお知りになりたい方は↓へ続く




私が会社で勤めていた際には、よくダイレクトメールのプロフィールにも載せてある通り、


国内上場大手コンサルティング会社で20代で2年連続MVPを頂きました。


この賞の基準というのは、選考対象者の年間売上粗利といったものがベースになりながらも


クライアントの総数であったり、クライアントからの声であったりが加味されていたようです。


そして私がコンサルティングでいつも心がけていることは、


①いかに早くクライアント(お客様)の課題・改善点を網羅して具体的解決策を打ち出すか


②そして推進から成果までの時間を短くするか     ということでした。


このためには「(各企業に合わせた個別の)業績アップのための適切な切り口」
=『何に力を入れるのか?』


「(様々な営業の場面において)プラスになる判断を出せる営業センス」
=『どのように力を入れるのか?』


が求められると考えています。例えば販促費を増やすべきか?増やすとすればどの媒体に


どのような考え方・やり方でするのか?という様にです。


ホール業界のコンサルティングをはじめた際にははじめは


「すでに業界で出ている成功事例を活用すること」と


「どこの本にでも載っているような公式:例えば客数×客単価=売上 などといった公式から


担当店舗の業績アップの方法を経営陣や店長の方と相談してお金を小さく使いながら試して


いったように覚えています。そしてセミナーの無料経営相談やスポットを含めれば数百ホール


の数千の会議に参加してきたことになります。


そしてその中で、いろいろな業績アップのノウハウを実際に運用するのはクライアント(お客様)


であることを改めて強く認識することになります。


そこで、現在から過去のホールの業績が上がったという成功事例を元にホールの業績アップ法を


体系化することにしました。


このホールの業績アップに実際に関係があった要素を体系化したものが当社が提唱している


「ホール営業の7つの要素」となります。


7つの要素には

 1.店舗力・・・店舗運営における「店舗そのものの力」

 2.現場力・・・店舗運営における「人の力」

 3.販促企画力・・・自店の価値を伝える・アピールする力
 
 4.マーケティング力・・・客数・利益アップの絵を描く力
 
 5.入替イベント
    レイアウト力・・・お客様の望むものを察する力(商品構成力=MD)

 6.固定客化
     ・管理力・・・自店の商品・サービスの品質管理とお客様への教育

 7.スピード・・・仕事のスピード


もちろん立地や台数、ブランドも業績に関連しますが、すぐにお店で対応できることでいえば


これらの総合力でホールの営業成績が決まることがわかりました。


つまりこれらの要素を掘り下げていけばお店の繁盛ノウハウを貯めていくことにつながります。


つまりこのような体系化は体験し実感できれば人事考課などにも反映することができ


ホールの「強い組織づくり」においてもとても有効であることもわかってきています。











スポンサーサイト
YES,WE CAN

今日まで東北地方に出張。裏日本よりも寒くないとはいえ、かなり冷え込んでお昼は


お客様とうどんを食べました。(私がうどん、お客様は2人でカツ丼とお昼抜き)


実は話すのが仕事の私が「インフルエンザ」に先週末かかってしまいそのあたりでやろうとしていた


仕事が(まあ半日分くらいなのですが)先送りになっており、「今日まだ病み上がりなので先に失礼


します。」と帰ってきたものの残した業務が気になり結局働いてしまっています。


そして近日開催のセミナー会場の交渉をメンバーにお願いしていた関係、事務所についたらファックス


でセミナー会場の地図の送信が送信文付きで来ていました。


「ご丁寧にありがとうございます。」と思いながら何気なく送信文に目をやってみると


「YES、WE CAN」と なぜか印字がはいってます  ????↓

YES







独創力を身につけるには:議論の例
たまたまYOU TUBEでコントの爆笑問題さんが京大で「独創力を身につけるには?」


みたいなテーマで教授と学生に囲まれてバラエティーやってるのを発見してしまい、


ついつい見入っていたらもう夜明けです


教授陣が理数系の人が多く、「科学者というものは自分が研究してきたことを壊してしまう


ような新理論が来たときに、その発見を喜ぶものです!」と口を揃えておっしゃられていた


のが印象的でした。そしてその発言に爆笑問題の太田さんが「それを否定されたら、


これまでの自分の研究はなんだったんだ。とか(言葉には出しませんでしたがこれまでの


地位も失いませんか?)みたいなことを質問していました。


「ということは例えば世界は平らか、それとも球か?を議論するのと同じくらい抜本的なこと、


例えば太陽の周りを地球や金星を周っている力は、実は地球や金星が生きていて自力で意思で


動いているみたいなことを言う学生がいたらどうするのですか?その学生をつぶしませんか?


みたいな質問をしましたが、その意見などは科学や教養ではそもそもない、とある教授が


返してらっしゃいました。


ただ多分太田さんが言いたかったことは、例えばそういった現在の常識で考えられなかったよう


なことでも何らかの仮説があっていっていることならやってみなければわからないんじゃない


ですか?だがら科学って何なのですか?と返されていました。


多分この教授の方の中にどこかバラエティー番組であることなどから太田さんの発言を軽くとって


しまった部分はあったと思われましたが、太田さんの話に一理あると私も思います。


                「調べてみなければわからない。」


また京都大学の教授の方々、爆笑問題の方がどのような価値観で日ごろ働かれている


のかが、よく伝わります。
新年あけまして
あけましておめでとうございます。


今年も宜しくお願いいたします!


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

新年も金融恐慌の影響をいかに応対していくかで相当世界が振り回されていますね。

きちっと今の状況を分析&判断できる人が政治家の方にいらっしゃることに期待したいです。

①先行きが不透明になっている雰囲気の解消をして、一人一人の人が自分にとって一番
 いい消費選択をすることができるようにすること。
1)最低限生活していくためのお金の流れと、変化に適応するための習慣づくりを研究することと
 そういったものを既存のもの含め学べる機会を与えることでパニックを防ぐ。
2)これからの世界全体に必要なことを世界を上げて整理して(重要:読み違えずに)、そういった
 分野の仕事を増やす
 砂漠を低いコストで人が住めるようにするとか(環境系のローコスト改善法・保全の研究)
 あらゆる活動のローエネルギー化の研究
 教育システムの改善 など
→リストラされた人にはそういった部門にも転職できる機会が生まれる。

 などがあくまで意見ですが必要な気がしますね。できれば世界的に迷惑をかけた金融関係の方  
 々の責任追及も欲しい所です。一意見として、実業経営している人と比べて今回の金融期間へ
 の措置は世界中に迷惑かかった割りにかなり甘いような気がしてます。
  (実業経営活動も場合によっては成果はゼロどころかマイナスですので難しい所ですが
 例えば経済予測の読みが甘く人が余ってしまい、リストラというのは通常はすべて経営者の責任
 を問われる所だと私は思います。しかし今回の金融危機ようなケースは経営者責任だけでいいの
 かという部分を多々感じています。それは不平等感が感じられるからです。)
 
 これから年々”儲けかた”の中身を問われるようになっていきそうですね。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

 


 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。