パチンコ&スロット店コンサルティング"オンリーワンパートナー"遊ブレイン日記
「数字に強い」天満晴久が筆頭!パチンコホール&スロットのコンサルティング会社”遊ブレイン”の社風や価値観を知ってもらうブログです。
遊ブレイン公式HPへ
売上粗利UPきっかけメルマガのご登録はこちら
プロフィール

遊ブレイン天満晴久

Author:遊ブレイン天満晴久
神戸大学経営学部卒。元船井総合研究所では約400名の同社全社のコンサルタントの中で 2年連続MVP、また最優秀リーダーとして表彰される。

現在は2社の店舗向けコンサルティング会社代表を務める。
遊ブレインにおいて、ホール店長経験者のメンバーと共に
ホール経営を研究している。

コンサルティングスタイルは総合的なアドバイスを
行うスタイルだが、
店舗営業における身近な数値を活かして具体的に客数・利益アップ
する方法を幅広く提案し、またその思考法を伝える。

過去百数十社を超えるホール企業に具体的アドバイスを行い9割以上はコンサルティング報酬額の数倍~数十倍の利益貢献をしてきた。(報酬額以上は100%)

全国にクライアントを抱え、毎月回っている。出身は名古屋。趣味は仕事と旅行。空手初段。




>>コンサルティングのお客様の声はこちら
>>遊ブレイン公式HPはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルンリヒュッテ
今月、残りが少し忙しいので月最低2つブログを書くノルマ?を


クリアしておこうと思います。


先月末、スイスのアルプスの最高傑作の一つであるマッターホルンの


登山家以外でも登れる「ヘルンリヒュッテ」地点まで弾丸旅行で登ってきました。


日ごろの運動不足の解消と、世界中の登山家が「神がかった山」


「期待してもしすぎることはない」といったフレーズから


自分自身のインスピレーションを楽しみにしていました。


直前に立地調査の仕事が入り、登山用品を買う時間をもてないまま


チューリッヒ空港に到着→3時間半でマッターホルンの麓の山


ツェルマットに到着です。(セーターとチノパンです)


翌朝6時に起きたら「天候が悪いのでゴンドラを見合わせている」みたいな


ことをいわれましたが、少しまったら動いてハイキングコースのスタート地点


に無事到着できました。


朝から曇りでマッターホルンの全景が眺められず嫌な予感がしましたが、


途中から雪が強烈に降り始めます。運動不足


セーターとチノパンと普通の運動靴が雪の水分を含んで


「重り」のようになってしまったこともあってか、


あと200メートルくらいで数分ダウンしてしまいました。


(150分かかると書いてあった立て札に対して同じくらいの時間帯に


一緒に登った人達などにペースを吊り上げられ102分で登りました。


アルケニストといわれる人達はさすがにプロフェッショナルです)


その後、気力でヘルンリ小屋まで登ったら、雪にもかかわらず


ダウンした場所で順番を抜かれた、30歳くらいのカップルの人が外で


待っていてくれました。2割のはずかしさが吹き飛ぶさわやかな気持ち


になれました。


小屋で一緒にランチタイムにスイスの白ワインとかパスタやりながら


少し話しましたが(ドイツ人は英語話せる人が多いらしいです)


男の人の方は自動車メーカーの生産管理をしていてトヨタとも一緒に


仕事をしていると言っていました。


二人とも頂上までやるつもりみたいで装備もかなりしてきていました。


成功を祈って解散して、下山しました。


写真を数点のせておきます


マッターホルン

マッターホルンです。 太陽の光で神がかったように見えます

ブラントホルン


ブライトホルンです。雪の後の雨で黒い岩肌が少し白みがかった光を発しています

ヘルンリヒュッテ


ヘルンリヒュッテです。下山する気力なくなるくらい容赦なく雪が降ってました。














スポンサーサイト
幅の広い考え方


「幅の広い考え方」が私は好きです。


例えばセミナー最中に携帯が鳴っているような人を見て


「うるさいなあ」とか怒ってしまうような人や待ち合わせの時間


きっちりに来ない人に対してストレスを感じる人は、社会常識を


「大なり小なり」重視して生きている人ですね。


私自身はどういう考え方かといえば、きちっとしている人からは


初対面の人との応対の仕方や、組織のつくり方には少なくとも


興味があり。


携帯を鳴らしてしまうような人は、どんな仕事への情熱を持っている


のか?またそれは何故なのか? といったことが気になります


(何故こう結びつくかは割愛します)


つまり全く気になりません。


これはやはり自分が運営している遊ブレインのビジョンが




「ホール企業の未来を共に創る」




という、様々な社風の会社の良い部分を見出して、個別に合わせることに


モチベーションを感じているから。


パチンコ本当は興味ないんですよ。という方も


最高のパチンコ店を経営する という方も 当社にとっても同じです。


私は前者の方も付き合えばよい部分を引き出すと良い会社を作ることが


できることを、とても多く見てきました。


ですので経営は自分に素直に向きあえることが最も重要なスキルの一つ。


ふと思ったのですが、うちのメンバーはこのビジョンには乗ってくれてますが


幅の広い考え方についての見解は皆バラバラです。。でもいいのか。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。