パチンコ&スロット店コンサルティング"オンリーワンパートナー"遊ブレイン日記
「数字に強い」天満晴久が筆頭!パチンコホール&スロットのコンサルティング会社”遊ブレイン”の社風や価値観を知ってもらうブログです。
遊ブレイン公式HPへ
売上粗利UPきっかけメルマガのご登録はこちら
プロフィール

遊ブレイン天満晴久

Author:遊ブレイン天満晴久
神戸大学経営学部卒。元船井総合研究所では約400名の同社全社のコンサルタントの中で 2年連続MVP、また最優秀リーダーとして表彰される。

現在は2社の店舗向けコンサルティング会社代表を務める。
遊ブレインにおいて、ホール店長経験者のメンバーと共に
ホール経営を研究している。

コンサルティングスタイルは総合的なアドバイスを
行うスタイルだが、
店舗営業における身近な数値を活かして具体的に客数・利益アップ
する方法を幅広く提案し、またその思考法を伝える。

過去百数十社を超えるホール企業に具体的アドバイスを行い9割以上はコンサルティング報酬額の数倍~数十倍の利益貢献をしてきた。(報酬額以上は100%)

全国にクライアントを抱え、毎月回っている。出身は名古屋。趣味は仕事と旅行。空手初段。




>>コンサルティングのお客様の声はこちら
>>遊ブレイン公式HPはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標の達成の仕方は幾通りもある
昨晩は、親しくさせていただいている経営者の方と新宿に飲みにでてました。


早めについて待ち合わせの時間までエスパスさんを見たりしましたが、その前に


新宿構内にある立ち飲みドイツ居酒屋でミックスハムセットを注文したら


おいしかったので、報告します。


201007271848000.jpg
(BERGさん)


何気ない会話からも有意義な情報を頂くことができました。



さて、タイトルの表題ですが先日あるチェーン店で数店舗統括していた方と仕事以外でお話しました。


今は別の職業につかれているのですが、未だに前職の会社に愛社精神も待遇にも満足していたにもかかわらず


やめているのです。飛行機時間きてしまったので、続きはまた近日。


これからの時代は「稼ぎ方」もますます問われる時代となりそうです。




8月12日
↑の記事の続きです。


先ほどの人が会社をやめた理由はそのまま載せると私が聞き間違っている可能性がありますので


私なりに感じたことを載せれば「会社に育ててもらった。利益も出せた。


人事制度も経営理念もしっかりしていて共感して働きやすい。しかし、自分はしっくり来ていない。」と


いう感じです。。こういう会社は経営のセンスがありそうですが、営業とシステム関係が弱いはずです。



当社のクライアントでも1店舗から3~4店舗とか5~6店舗とか、10店舗以上に伸ばしてきた


店舗もあります。


経営理念や人事諸制度で組織を作ることは規模が大きくなると必ず必要ですが、


それをどのくらい作りこむかとか、社内モチベーションアップを作ることとか


そもそも、それは経営の本来の目的ではないと私は思います。結果としてそうなればその方が


いいとは思いますが。。


一つは何人集まっても客数や利益など結果が伴わないとモチベーションだけ高くても仕方ないと思うからです。


二つめは「この会社は○○が揃っていない」とふんぞりかえる社員が増えそうだから


また、きちんと理念や制度の整備されていない「はたからみれば修羅場の」会社経営でも経営者も社員も、


その足りなさを気にしながらも、逆に楽しんでいる会社が整備されている会社と比べても


確率的にかわらず存在しているように見うけますし、


某米国大手IT企業など、勤めていた友人いわく「残業しないで帰る社員はシロイ目で見られる感じで


働いていて息苦しい。が力はついた。と苦笑いしていたのを思い出してしまいます。


例えば


1)自分ができなかったことを、時に苦労もしてできるようになること。


2)担当の仕事を一つずつ目標達成していくこと


3)様々な悪状況下でも仕事を楽しめるようになること  ・・・・


になるように、時には厳しく、暖かさももって人を育てる。そして一人一人のよさも


活かしていく。能力のない人間がモチベーションが高くても迷惑なだけ。などといえる会社づくり


をこれからの日本ではオススメしたいです。


文章でうまく伝わるかわかりませんが、


「経営・企画」「営業・販売」「人事・総務」「経理・財務」「営業サポート・システム」=会社 


の各要素のレベルを上げながら、さらにお互いをプラスに連動させる続けること


が良い会社を続けるコツであり、「経営・企画」「営業・販売」「経理・財務」


「営業サポート・システム」の研究が足りない会社が作る人事・総務の強化は一つ間違えると


倒産や社員総入れ替えなどのリスクを上げることになると私は思います。


人の問題が日本では過大にクローズアップされがちですが、平常はバランス重視がいいと思います。



スポンサーサイト
昨日の大雨 その2

昨日の新幹線の遅れの間、寝たり仕事に集中することができず、何をしていたかというと


業績を上げるという仕事の意味。について、ふと考えてました。


何故考えてしまったかというと、南アフリカワールドカップに絡んで、サッカー自体はダイジェストで


見た程度ですが、アフリカの文化とかの紹介をついでに知る機会があったからです。


「業績を上げる。」ことには何の意味があるのか?みたいな話で、


南アフリカでは遅刻2時間などあたりまえ。約束は破る。集中力がない。みたいなことがネットに


書かれていました。


でも、そういう人達の中にも幸せにその社会で生きていたりする人もいるわけです。


組織では売上や利益といった数値に勢いがついてくると、


そういう組織ほど「業績を上げたい」と思う人や「営業力のある人間になりたい」と思わない人間が


いた場合、それを否定したり、排他してしまう傾向が出がちです。


ただし、排他や否定してもその人間を変えることはできず(幸福だと思っているため)


また、その人間を活かすこともできなくなるため、お互い前向きな話し合いを持つこと。


ができるかが組織力を上げるポイントだと思います。


組織全体で解決して、結果を出すのが組織というものだと思います。


業績を上げる方法を策定して、また実際上げていくのを見るのが私自身が好きで今の会社を立ち上げて


いますが、それを長く発展的に提供するためには、我々や取引先の会議参加メンバー様は


「業績を上げることは好きだからやる。それだけ。だからそこにさしたる意味はない。」


と思ってやることが実際の所、長期的に自分の営業センスを向上させ続けて


自社のお客様に価値を提供するコツだと私は思います。















昨日の大雨


昨日は名古屋から九州への新幹線が朝から止まってしまい、かなり大変でした。


2日連続で運行見合わせも確率からいくと低いと判断して、移動中に睡眠とったり仕事のしやすい


新幹線を選びました。


朝7時に名古屋駅について、飛行機に切り替える準備だけはしていましたが、


新大阪駅を発車する10秒前くらいに運転見合わせ区間のアナウンスがあり、飛行機に切り替えることも


できなかったわけです。発車を2~3分止めてもらえれば判断する時間あったのですが。。


各車両についているテロップを見ていると、運行情報でなく、普通に企業広告が流れていて


欲しい情報が入らず、かなりキレている人も多かったです。。


乗務員の人に状況を確認したくても全然来ないので


情報がなく、何故かトンネルの中で停止されて電話が悪く、会議先に電話もかけられず困りました。
(大雨でトンネルの中で停止するの危なくないか?と思ってしまいました。)


そこで、福山駅でUターンして大阪から飛行機で伺うか考えていたら、またしても福山駅を発車した直後に


乗っている電車がこのあと広島駅で終点になるというアナウンスが流れました。次の電車は


いつの運転再開になるかわからないとテロップに出て、またしても乗務員がみつからないので


新幹線をあきらめ、レンタカーで向かうことお客さまと携帯メールでやりとりしました。


広島駅から駅前のレンタカーを借りて九州に車で向かって、会議先の社長も九州から広島に向かって


下さりお互いが向かってぶつかった所で合流しましょう。


みたいな話になっていたら、広島駅前のレンタカー事務所にいく、その少しの時間に中国自動車道


山陽自動車道とも封鎖になって、そのことを電話で伝えて、また戻ったりしました。。


無事に運転再開になり、もみじまんじゅうを遅刻確定のおわびに駅で購入してから


問題の徳山駅~新山口駅間を通り抜けるまでは寝ることも許されない感じです。。


途中山陽自動車道で通行止めになっている自動車の列を見てゾッとしました。
(ちなみに広島駅~新山口駅は下の道で渋滞がなくても4時間かかるそうです)


会議先の最寄駅に1時間前にはついて一息つく予定が、なんとか2時間強の遅れで到着です。。


落ち着かない間、以前雪で7時間遅れで深夜4時くらいに新大阪に戻った時のことを思いだしました。


新幹線でも寝れずに仕事もできないことがある訳です。


ただ雨の場合は、レンタカーよりも新幹線の徐行のスピードが速いようなので、そのまま待機が良い場合が


多そうです。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。