パチンコ&スロット店コンサルティング"オンリーワンパートナー"遊ブレイン日記
「数字に強い」天満晴久が筆頭!パチンコホール&スロットのコンサルティング会社”遊ブレイン”の社風や価値観を知ってもらうブログです。
遊ブレイン公式HPへ
売上粗利UPきっかけメルマガのご登録はこちら
プロフィール

遊ブレイン天満晴久

Author:遊ブレイン天満晴久
神戸大学経営学部卒。元船井総合研究所では約400名の同社全社のコンサルタントの中で 2年連続MVP、また最優秀リーダーとして表彰される。

現在は2社の店舗向けコンサルティング会社代表を務める。
遊ブレインにおいて、ホール店長経験者のメンバーと共に
ホール経営を研究している。

コンサルティングスタイルは総合的なアドバイスを
行うスタイルだが、
店舗営業における身近な数値を活かして具体的に客数・利益アップ
する方法を幅広く提案し、またその思考法を伝える。

過去百数十社を超えるホール企業に具体的アドバイスを行い9割以上はコンサルティング報酬額の数倍~数十倍の利益貢献をしてきた。(報酬額以上は100%)

全国にクライアントを抱え、毎月回っている。出身は名古屋。趣味は仕事と旅行。空手初段。




>>コンサルティングのお客様の声はこちら
>>遊ブレイン公式HPはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手県の飲食店

こんにちは!今回久々に地方のいい所紹介編です。

第一回は北九州でした。

第二回は岩手でいってみます。

岩手県、何がすごいのか?

食事が美味しいです!(笑)

僕は出張中の食事は結構適当に駅弁とか駅の立ちぐいで済ませて足りない時のために食パン

持ち歩く人間ですが、岩手に関しては盛岡を筆頭に県北も県南も

洋食、中華、焼肉、居酒屋、寿司、ラーメン、イタリアンなど美味しい店が結構あります。

それに気づいてからは立ち寄る度にほぼ外食するようになりました。

まあそんな感じなので他府県も普通に美味しいのかもしれませんが(笑)

振り返ると大体どのジャンルも食べログの点数+1点レベルの店が個人的には多数です。
(食べログの4点以上はそもそも高級食材を使わないと厳しいのかもしれませんね。)

私の経験からですが、岩手県の人は、真面目な人が多いです

そのためなのか、何かで払った金額に対して損をしたとか失敗したとか思ったことが

ほぼないような気がします。

先日盛岡駅前の東家という店で「かつ丼(たしか980円です)」食べたらこれがまた

美味しかったので今回記事にしてみました!

地方は都市部と比べると、効率最優先だけでない(私は都市部は効率最優先の文化と思っています)

日本の良さと出会うことができている気がします。

震災の教訓から大阪あたりを第二の首都にして人口を100万~200万人アップさせて国として

リスクヘッジして全国の地方までの距離が縮まり活性化につながるといいだろうなと個人的には

いつも思います。それでは!
スポンサーサイト
2015年謹賀新年
明けましておめでとうございます。

早いもので、弊社も今年で10年目に突入です。

10年間、ほとんど振り返らず過ごしてきたのですが、本当になつかしいです。

業績を上げる技術も勿論向上したと思いますが、それよりも経営者業をさせて頂き

お客様企業との接し方や会社運営について、そして人というものについて学びを得た10年でした。

パチンコ業界は特にそうですが、店舗業であればなんらかの業績アップの道筋は自分で言うのも

なんですが、驚くほどすぐ見えるようになったのかなあと思います。


私のような専門家業の方が専門性を磨くコツは「妥協しない、環境を整える、自分を律する」の

3点なのではないかと個人的に考えています。

そして店に所属しないからこそ、この3点をキープして業務に望めているのだろうと思っています。

①妥協しない・・・取引先の経営陣の方と上下関係ではないので忌憚ない議論をかわせる。
          →その代わり一言一句に責任を持つ

②環境をととのえる・・・ノートパソコン、スマホなどの仕事用具から勤務形態、仕事部屋など、
             またどの組織とどう関係づけるかを、専門性を上げられると思う形でカスタマイズする。
             →組織に属すれば、自分を通すには各方面と信頼関係を構築するコストがかかるのと、
             そこまで信頼関係を構築できたなら総務部長や広報部長など、専門職とは違う業務に
             あたるべき(笑)

③自分を律する・・・結果を常に直視する。言い訳はしない。優先順位を見誤らない。
            →こちらはスポーツ選手でいうところのイメージトレーニングのようなものですね。

上記に私の認識間違いがあったり、専門性を磨くのにもっと良い方法があれば、変更修正はかけるとしまして、

今年もこの精神を忘れずに仕事を進めたいとおもいます。

本年も、よろしくお願いいたします!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。