パチンコ&スロット店コンサルティング"オンリーワンパートナー"遊ブレイン日記
「数字に強い」天満晴久が筆頭!パチンコホール&スロットのコンサルティング会社”遊ブレイン”の社風や価値観を知ってもらうブログです。
遊ブレイン公式HPへ
売上粗利UPきっかけメルマガのご登録はこちら
プロフィール

遊ブレイン天満晴久

Author:遊ブレイン天満晴久
神戸大学経営学部卒。元船井総合研究所では約400名の同社全社のコンサルタントの中で 2年連続MVP、また最優秀リーダーとして表彰される。

現在は2社の店舗向けコンサルティング会社代表を務める。
遊ブレインにおいて、ホール店長経験者のメンバーと共に
ホール経営を研究している。

コンサルティングスタイルは総合的なアドバイスを
行うスタイルだが、
店舗営業における身近な数値を活かして具体的に客数・利益アップ
する方法を幅広く提案し、またその思考法を伝える。

過去百数十社を超えるホール企業に具体的アドバイスを行い9割以上はコンサルティング報酬額の数倍~数十倍の利益貢献をしてきた。(報酬額以上は100%)

全国にクライアントを抱え、毎月回っている。出身は名古屋。趣味は仕事と旅行。空手初段。




>>コンサルティングのお客様の声はこちら
>>遊ブレイン公式HPはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい時こそ社内の結束
天満です、お久しぶりです。

どうしても、私の仕事のスタイルからなのかブログを更新しようとふと思うのがいつも

深夜になるようです(笑)



さて、ここ2年3年連続で業界への規制が強化されてきました。

法令の遵守、当然の義務です!

ただしお店に来店するお客様は以前のスロット4号機が5号機になった際の規制では

あの時もかなりのファンが離れましたがたしかに当時過度なギャンブルという一面は

あったように思われます。

しかし今回の2017年現在、私個人の目視レベルではありますが

ホールに来店されたお客様は健全なパチンコスロットの時間を過ごして

おられるように思います。

規制必要ですか?



ホールが変わらずできることは日々の運営。

ホールの存在意義、自店の存在意義をしっかり説明できるようでありたいですね。

そこがしっかりしていれば少なくとも店対お客様との部分にはアプローチできている

ことになります。





本題に戻しますがこの時代にパチンコ店の業績が上がることはあるのか?

規制が影響するため厳しい店もあると思いますし、

まだまだ上げられる店もあります。

そこはプロの腕のみせどころでもあります。

これはメーカーでも同じことですね。

ホールにとっても規制の枠組みの中でお客様にうけるヒット機種が出るのか、

いわゆる射こう性をのぞいてもホール側が予想していなかったはずの理由で

ヒットする機種が何度も出てきました。

その中には京楽の初代AKBのように射こう性に頼らない台もありました。

こういった機種による+αにも期待をもちつつも、店ごとにしっかりと

ビジネスモデルをイメージしたいです。






さて、そんな状況の中で最近一つうれしいことがありました。

うちの会社のコンサルティングスタイルは「マーケティング・コンサルタント」です。

独立しまもなく12年の月日がたとうとしていますが、パチンコホールの業績の

強化につながる独自のマーケティングノウハウは着実に構築してきました。

マーケティングについて、人とはそれぞれ異なる人生経験・背景を持つ存在です。




例えば私であれば、全国のパチンコホールのみならず、全国の各都市を比較し長所

を考え抜くことつまり考えることが大好きですし、

名古屋人の血がやはり流れているのか改善改良へのモチベは高いです。

100点は目指さないですが99点を目指すことは基本的に好きな人間です。


しかし例えばあるお店の店長は業務を効率化することに興味があったり

誰でもできるようにすることに興味があったりするわけです。

例えば安定して60点を取ることにモチベーションがあったりということです。



そうした異なる背景を持つ異なる人が同じテーマについて、

そのテーマは業績アップとしましょうか、やはりマーケティングによる結論や

アイデアは変わってくるものです。

マーケティングは専門スキルであり、確立までには数年~数十年の実践訓練が

必要だと思いますので、もちろんマーケティングを職業にしている私からみれば

アマチュアレベルです。

そこは私が店長を今日やれば全国の店長様の目に半人前にうつるで

あろうことと同じです。

しかし粗削りでもマーケティングやアイデアはその人のオリジナル。


つまり時々私が会議でテーマを決めてマーケティング活動を実践してほしいと

おもい時々ちょっとした宿題を出しているということなのですが
(雑談の範囲でだしているため強制力は一切ありません。)

その宿題に真摯にとりくんでくださるかたが実に急激に増えました。

繰り返しますが自発的にされている方ばかりです。

業績には目標値というものがあり、達成できるなら手段は自由で

あるべきで強制力は一切もたせるべきではないですからね。

ここでパナソニックの創業者松下幸之助氏が不景気の時こそ足元や社内の

結束をという言葉をのこされています。

その言葉どおりにクライアントが動いている一面を会議で感じることが

できる。またこれが順当に多少の結果につながれば商売の醍醐味を会議参加者全員で

共有することができるのです。

企業文化の熟成?それともよい人生体験?

こうした会議で出てきたアイデアはお金になりえますがお金で買えるもの

ではなくその会議だけのものです、なんでもお金でコトが進みがちな

資本主義社会においてしかしながら大切なものだと思います。

苦労したあと出した結果に飲むいっぱいのビールがうまい!(笑)








スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。