FC2ブログ
パチンコ&スロット店コンサルティング"オンリーワンパートナー"遊ブレイン日記
「数字に強い」天満晴久が筆頭!パチンコホール&スロットのコンサルティング会社”遊ブレイン”の活動や価値観をお知らせするブログです。
遊ブレイン公式HPへ
売上粗利UPきっかけメルマガのご登録はこちら
プロフィール

遊ブレイン天満晴久

Author:遊ブレイン天満晴久
神戸大学経営学部卒。元船井総合研究所では2年連続MVP(約400名中1名)、単年最優秀リーダーとして表彰される。

現在は2社の店舗向けコンサルティング会社代表を務める。
遊ブレインにおいてはホール業界に特化した経営ノウハウ~店舗運営ノウハウまで研究している。

コンサルティングスタイルは総合的なアドバイスを行うスタイルだが、
「データ活用」「一番づくり」「集客セールス」に独自のノウハウを持つ。

店舗営業における身近な数値から粘り強く具体的な
業績アップアドバイスを策定することが得意である。

ITやAIによる世の中の構造変化に対して
経営コンサルタント(当社)の提供価値は当面の売上利益面の貢献だけに特化するべき時代ではなく経営戦略から人材開発まで広く捉え企業の持続的成長の達成を目標としている。

そこで頂いたフィーの5倍以上の「価値」を貢献することを
すべてのクライアントに対して設定している。

全国にクライアントを抱え、毎月回っている。
出身は名古屋で趣味は仕事と旅行。空手初段。




>>コンサルティングのお客様の声はこちら
>>遊ブレイン公式HPはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

興味がないことでも上達を実感するとモチベーションは上がる



今日は表題のテーマを少し書いてみようと思います。


時々、取引先の人と雑談の中で「パチンコは得意だけどスロットがどうもわからない。」と
(逆もあります(笑))


いう話題が出ることがあります。


人間誰しも得手不得手、好き嫌いは程度の差はあれ持っているものと思います。


しかし各店ごとに、得意な人が一人もいない状況だとその部門は組織としてカバーしている


ことにはなりません。


人の性格というものは、そう簡単には変わらないためそういった状況に陥ると中々脱出する


ことはできないと思います。


こういった問題、脱出するための一つの例として、上のタイトルがキーワードになると


思います。


スロットが苦手だといっていた、あるお店の店長がスロットの技術を飛躍的に伸ばした


例があります。


同店長はスロットを任された当時、”日々、思うように設定の結果がいかない。”


”(恐いので)設定1で自分なりに機種ごとの特性も調べてやっているのに予想に反してしまう。”


”他店の店長がうまく使えている機種でも、自分は使えていない。”


といった問題にぶつかっていました。


しかし今は会社から信頼されてスロットを運営しています。


私が「いつのまにかスロット営業が安定してきましたよね?」と聞いた際、同店長は


「コツがわかってきたような気がします!」と嬉しそうに話されていました。


昨年夏ごろからしばらくスロットは出率の高い機種が続いたと思います。


しかしその中の1機種を、同社3店舗の中で唯一利益をきちんと取れたことがキッカケ


だったといいます。


勿論確率なのでたまたま同店がその機種で確率が低めに単に出ただけなのかもしれません。


しかしその1回の経験が、「努力しても結果が出ない。」という無力感から同店長を


救ったのだと思います。


人間うまくできれば、興味がなかったことですら「自分に向いてる?」と興味を持って


しまうもの。


友人に「ビリヤード」を生まれてから一回もやったことがない人が


仲間で集まって初めてビリヤードをした際に1ゲーム1位になってしまい、


ものすごいビリヤードに対するモチベーションが上がっていたことを


思い出してしまいます。


確率というもののが持つ性質の一面、その面白さもこの例から私は感じます!





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yuubrain.blog86.fc2.com/tb.php/234-547ee545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)